Iga people

伊賀人バンザイ!

ホーム伊賀人バンザイ!ART SPACE IGA 寺村貴視子さん

ここから本文です。

ART SPACE IGA 寺村貴視子さん

伊賀でアートに触れられる空間を 7年間で100回以上の展示会を開催

撮影時の展示会:大橋由起子作品展(2021年7月24日~7月29日)

高校生の頃から抱いていたギャラリー開設の夢を実現

「伊賀のアーティストはじめ様々なアーティストが作品を発表できる場、伊賀の方が気軽にアートに触れられる場を提供したくて、このギャラリーをつくりました」と話すのは、伊賀市上野福居町でギャラリー「ART SPACE IGA(アートスペースいが)」を営む寺村貴視子さん。2014年7月にオープンして以来、これまでに開催した展示会は100回を超え、出展したアーティストも80人を超える。

 若い頃からアートに興味があった寺村さん。伊賀には美術館がなく地元でアートを鑑賞できないもどかしさがあった。高校生のときには将来ギャラリーを持ちたいと友人に語っていたが、その夢を心に秘め、高校卒業後はもう一つの夢である書道教諭の道に進んだ。奈良教育大学で書道教育を学び高等学校芸術科書道の免許を取得。定年を迎えるまで、上野高等学校や名張西高等学校(現 名張青峰高等学校)などで書道の教諭を勤めた。その間もアートに対する興味はあせることなく、美術館やギャラリーに幾度となく足を運んだ。そんな折、53歳で受けた検診で病気が発覚。長年抱いていたギャラリー開設の思いが一気に湧き上がった。知人宅を設計した建築家がギャラリーを所有していることを知り、定年を前に設計を依頼した。ギャラリーを建てる場所は、自宅兼店舗である「寺村清雅堂(国指定有形文化財)」の向いで、元々所有していた場所に決めた。設計から約3年の月日を費やし、待望のギャラリーが完成したのは、退職する1年前だった。それ以来、先に退職した夫とともに、ギャラリーを切り盛りしてきた。

 

 ギャラリーは天井の高さが高いところで3m55cmあり、壁の大きさも全て違っているので、大きさの違う作品も収まりやすい。壁一面に取り付けた3段の棚も、たくさん作品が並べられると、作家から好評だ。「著名な作家さんが、このギャラリーはよくできていると褒めてくださいます。設計してくださった建築家の根岸正典さんにとても感謝しています」と寺村さんは話す。

ギャラリーは伊賀市の町中、自宅兼店舗である「寺村清雅堂(国指定有形文化財)」のむかいにある。

若い世代に向け伊賀出身の著名な作家の回顧展を企画

 オープン以来絶え間なく展示会を行っており、寺村さん自身が企画した展示会も数回開催している。2014年10月には、書家として尊敬する伊賀出身の榊莫山さん(1926-2010)の作品を「町中の榊莫山展」と題し、伊賀市内の看板の原書を中心に展示。ほかにも、伊賀の地域文化に多大な影響を与え、元永定正さんを指導したことでも知られる濱邊萬吉さん(1902ー1998)の回顧展を2016年に開催。2018年には、伊賀焼の復興に尽力した、伊賀焼の技術保存者・菊山當年男(たねお)さん(1884ー1960)の展示会なども企画した。「現在伊賀で活躍している作家ではなく、亡くなった著名な作家の展示を企画するのは、若い世代の方にその存在を知ってもらいたいから。伊賀は昔から多くのアーティストを輩出している町だということを知ってもらいたいからです」と話す。​

寺村さんが最初に企画した「町中の榊莫山展」の様子
(開催:2014年10月11日~11月3日)

「町中の榊莫山展」のチラシ

「濱邉萬吉回顧展」のチラシ
(開催:2016年10月22日~27日)

没後58年に開催した「菊山當年男展」は、作品を保管する菊山當年男さんのお孫さんの協力を得て開催した。
(開催:2018年10月6日~14日)

「菊山當年男展」のチラシ

アートは生きるエネルギー アートは人間にしかできない素晴らしいもの

 現在行っている展示会は個展がほとんどで、その約半分は伊賀のアーティストだ。今年に入ってからは、森中喬章さんの追悼展や4回目となるイノウエマサルさんの展示会などを開催。ほかにも今秋以降に、20代の若手で色鉛筆画家の長谷川まどかさんや陶芸家の濱田光紀さん、吉村尚子さんご夫妻による陶展などを予定。来年、2022年は伊賀出身の巨匠元永定正さん(1922ー2011)の生誕100年にあたることから「元永さんとつながる方の企画展ができれば」と話す。

 最後に寺村さんにとってのアートはどんなものかとたずねると「アートは何もないところから創造する、人間にしかできない、素晴らしいものです。それが心を動かし、ときには元気の源になると思っています。アートは私にとって生きるエネルギー。ギャラリーはアートで人と人がつながる場所でもあります。多くの方にアートの感動を届けることが私の喜びでもあるので、一人でも多くの方に足を運んでいただきたいですね」と笑顔でこたえてくれた。

ART SPACE IGAの展示会の予定はこちら

展示会写真提供:ART SPACE IGA
取材日:2021年7月

一覧

このページの先頭へ