お菓子司 くらさか風月堂

職人の手から生まれる四季折々の和菓子

お菓子司 くらさか風月堂
400年以上の歴史を持つ城下町、伊賀上野。
その伊賀街道沿い車坂町にて、大正九年より続く和菓子店です。
四方を山に囲まれた伊賀盆地は、良質な農産物の宝庫であり、伊賀焼、茶道、俳句などの城下町文化が根付く地域。また、俳聖松尾芭蕉翁のふる里、そして伊賀忍者の里でもあります。
当店では、そんな伊賀の食材や風景、文化をお菓子に込めて、ひとつひとつ丁寧に手づくりしております。毎日、営業日には、SNSで日々のお菓子作りの様子や大将のひとりごとを綴っております。ぜひ最新の情報もチェックして下さい。

店内では、菓子作りに使われてきた木型を展示しています。代々受け継がれてきた貴重なものです。
店内では、菓子作りに使われてきた木型を展示しています。代々受け継がれてきた貴重なものです。
季節の移ろいを生菓子に託して。ひとつひとつ職人の技がひかります。
季節の移ろいを生菓子に託して。ひとつひとつ職人の技がひかります。
俳聖松尾芭蕉翁の旅傘にちなんだ三笠です。丹波大納言小豆餡と一粒栗をはさみ仕上げました。当店の人気商品です。
俳聖松尾芭蕉翁の旅傘にちなんだ三笠です。丹波大納言小豆餡と一粒栗をはさみ仕上げました。当店の人気商品です。
大人の至福のひとときに”がコンセプトのちょっと贅沢な大人スイーツ。季節によって「桜咲くりーむ大福」・「伊賀茶くりーむ大福」・「伊賀栗―む大福」・「酒(しゅ)くりーむ大福」と変わる季節のくりーむ大福と、定番商品である苦みのきいた「カフェオーレ大福」があります。※夏季(7・8月)はくりーむ大福の販売はありません。
大人の至福のひとときに”がコンセプトのちょっと贅沢な大人スイーツ。季節によって「桜咲くりーむ大福」・「伊賀茶くりーむ大福」・「伊賀栗―む大福」・「酒(しゅ)くりーむ大福」と変わる季節のくりーむ大福と、定番商品である苦みのきいた「カフェオーレ大福」があります。
※夏季(7・8月)はくりーむ大福の販売はありません。

インフォメーション

お菓子司 くらさか風月堂

住所
三重県伊賀市上野車坂町753-3
アクセス
電車/伊賀鉄道「広小路駅」より徒歩約10分
車/名阪国道「友生IC」より市街地方面へ約5分
営業時間
9:00〜18:00
定休日
日・月曜日
電話
0595-21-2866
FAX
0595-21-2866
駐車場
4台 ※店舗すぐ横2台、斜め向かい2台
URL
お菓子司 くらさか風月堂ホームページ
Facebook
お菓子司 くらさか風月堂フェイスブック
Instagram
お菓子司 くらさか風月堂インスタグラム
備考
SNS、HPで最新情報を発信しています。
営業日や時間が変更になる場合があります。
詳細は店舗や施設にお問い合わせください。

アクセスマップ


大きい地図を見る
カテゴリーおみやげ・伝統工芸・直売所 ,お店 ,お菓子司 くらさか風月堂 ,上野まちなかエリア ,和菓子・お菓子 タグ