山形県産米と三重県酵母が出会う

投稿日:2020年07月30日 投稿者:若戎酒造株式会社

蒸し蒸しと不快な毎日が続き、しかもマスクで弱っていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?そんな季節にびったりの爽快なお酒のご案内です。

使用する酒米は、希少な山形県産「出羽の里」なぜ三重県の若戎で山形県のお米?

実は、高松杜氏は山形県で「出羽の里」を使い、吟醸造りをグッと勉強してきたので、このお米のポテンシャルを120%引き出すことが可能なのです。

しかも、酵母は三重県酵母MK-3を使用しました。この酵母の特徴は、発酵力が高く、香りがきれいで、嫌みのない酒質に仕上がります。

特に香りが高く、アミノ酸が低いので雑味が少なく、スイスイ飲めるこの季節にピッタリのお酒です。

カルパッチョ・季節の野菜の揚げびたし・だだちゃ豆の塩ゆで等で一献。

ぜひ蔵元ショップへ遊びに来てくださいネ。

「純米吟醸 若戎 出羽の里」

1800ml/3,200円  720ml/1,600円 税別

若戎酒造株式会社のお店情報を見る →

コメントは停止中です。