上野天神祭

上野天神祭

上野天神祭の歴史

史料によると、今から約350年前の万治3年(1660年)、城下の人々が藩主 藤堂高次に願状を出し、何らかの理由で途切れていた祭の再興が許されたといわれています。
町人文化も華やかであった元禄から文化・文政の時代には、神輿・鬼・だんじりが行列する現在の形がほぼ完成しました。
絢爛豪華なだんじりの装飾などに当時の栄華が伺えます。

神輿

車坂の子ども神輿が先陣を切り、梅鉢紋の天満宮神輿と桐紋の九社宮神輿を中心に、総勢300人が供奉。
供奉児童と八乙女らの可愛らしさや、菅青会神輿の勇壮さも魅力。

神輿   神輿

鬼行列

沿道いっぱいを大きく動き回るひょろつき鬼や、子どもたちによる可愛い子鬼行列などが見物客を沸かせます。
役行者が峰入りする様子と、鎮西八郎為朝が鬼を従える様子などが表わされています。

鬼行列   鬼行列

だんじり

9つのだんじり町による、印(しるし)と豪華なだんじり。
印が各町の先頭に立ち、だんじりがそれを囃して進みます。巡行の順位は毎年9月9日の籤取り式で決まります。

だんじり
だんじり
 
【平成24年 だんじり巡行順位】
一番 福居町 三明
二番 西町 花冠
三番 鍛冶町 二東・月鉾
四番 小玉町 小簑山
五番 向島町 鉄英剣鉾
六番 新町 薙刀鉾
七番 魚町 紫鱗
八番 中町 其神山・葵鉾
九番 東町 桐本

祭礼行事

10月23日(火) 午後7時〜 東御旅所宵宮祭
だんじり宵山点灯
10月24日(水) 午後1時〜 曳き初め
(本町・二之町筋などにおいてだんじり曳行)
午後2時〜 足揃の儀
(三之町筋において午後2時から4時まで鬼行列巡行)
午後7時〜 東御旅所宵宮祭
だんじり宵山曳行
10月25日(木) 午前9時〜
午後4時頃
本祭(東御旅所より行列が出発し、本町・二之町・三之町筋を巡行)
※行列などは天候の状況により変更になる場合があります


戻る