上野天神祭

 

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

祭の歴史

史料によると、今から350年前の万治3年(1660年)、城下の人々が藩主 藤堂高次に願状を出し、何らかの理由で途切れていた祭の再興が許されたといわれています。
当時の行列は、神様を乗せた神輿と邪除けの獅子舞、邪気払いの剣と鉾、お供の法師、行列をしらせる太鼓という形であったと考えられています。祭りは、ほぼ毎年、城主が高覧したといい、その栄誉が発展への原動力にもなったのでしょう。行列は年々形を変えてゆき、庶民の生活が安定し町人文化も華やかであった元禄から文化・文政の時代には、神輿・鬼・だんじりが行列する現在の形がほぼ完成したといわれています。絢爛豪華なだんじりの幕や飾り金具、賑やかなお囃子にもその時代が反映されているのでしょう。
今年の祭りについて菅原神社の高田宮司は「氏子、企業、崇敬者のお熱意を仰ぎ、現在、拝殿再建へと大きく動き出したところです。御参拝には、ご不便をおかけする事もあるかと思いますが、来年の拝殿完成に向け、心を込めて厳粛に祭りを務めたいと思っています」と語ってくれました。

神輿

神輿

車坂の子ども神輿が先陣を切り、梅鉢紋の天満宮神輿と桐紋の九社宮神輿を中心に、総勢 300人が供奉。供奉児童と八乙女らの可愛らしさや、菅青会神輿の勇壮さも魅力。

鬼行列

鬼行列
鬼行列

沿道いっぱいを大きく動き回るひょろつき鬼や、子どもたちによる可愛い子鬼行列などが見物客を沸かせます。役行者が峯入りする様子と、鎮西八郎為朝が鬼を従える様子などが表わされています。

だんじり

だんじり

9つのだんじり町による、印(しるし)と豪華なだんじり。印が各町の先頭に立ち、だんじりがそれを囃して進みます。巡行の順位は毎年9月9日の籤取り式で決まります。

スケジュール

10月23日(日) 午後7時 東御旅所宵宮祭  
だんじり宵山点灯  
10月24日(月) 午後1時 曳き初め 本町・二之町筋などにおいてだんじり曳行
午後2時 足揃の儀 三之町筋において
午後2時から4時まで鬼行列練行
午後7時 東御旅所宵宮祭  
だんじり宵山曳行  
10月25日(火)   本祭 東御旅所より行列出発

今年のトピックス

上野文化美術保存会の八尾光祐さんに、今年のトピックスをうかがいました!

トピック1 しるし持ち(大御幣)の法被を復元新調

トピック1 しるし持ち(大御幣)の法被を復元新調

鬼行列を先導する、高さ約5m、重さ約120kgの大御幣。5人の男衆が、中央の「神柱」と4本の支柱をそれぞれ支え、息を合わせてバランスを取りながら担いで歩きます。5本の柱は五大力明王(不動明王を中心とする5人の明王)を現しているといわれ、街道の清めを行います。
しるし持ちの衣装は、背中にホラ貝を染め抜いた紺色の法被。腰の縄帯に柱を乗せて歩くため、柱の先端を支える腰部の布が激しく損傷していました。今年はこの法被が色鮮やかに復元新調されました。

トピック2 三之西町 義玄鬼の衣装を復元新調

トピック2 三之西町 義玄鬼の衣装を復元新調

義玄鬼(ぎげんき)とは、修験道の開祖「役行者」が従える鬼神。鬼行列では、紺屋町と三之西町にそれぞれひとりずつ義玄鬼がいて、役行者と傘持ちの後に、二人並んで登場します。「蛇(じゃ)(角と裂けた口を持つ恐ろしい女性型の能面)」を被り、御幣を持った鬼が紺屋町。「悪尉(あくのじょう)(強く恐ろしい表情をした翁の面)」を被り、二叉の槍を持った鬼が三之西町です。義玄鬼たちの後ろには、重い鐘や笈を担いだひょろつき鬼が続きます。
今年は三之西町の義玄鬼の衣装を復元新調。2007年に新調された鬼面に続き、過去と同じ意匠で新しく生まれ変わります。

平成23年 だんじり巡行順位

一番 新町 薙刀鉾
二番 中町 其神山・葵鉾
三番 小玉町 小蓑山
四番 福居町 三明
五番 西町 花冠
六番 向島町 鉄英剣鉾
七番 魚町 紫鱗
八番 鍛冶町 二東・月鉾
九番 東町 桐本

【天神祭に関する問い合わせ】

(財)伊賀上野観光協会

TEL 0595-26-7788

http://www.igaueno.net/index.html


戻る